cm制作会社のお仕事

cm制作会社ってどんなことするのか

CM制作会社の立ち位置

CM制作会社の立ち位置

テレビを観ていると(最近はネットでも)、番組やコンテンツの途中でCMが入ってイラッとすることはありませんか。

しかし、それは同じものをくりかえし見ていることによる「飽き」か、番組やコンテンツへの集中を遮られたことへの「怒り」に起因することだと思います。

実際、CM単体を観ると「こんなに工夫されていたのか」などと感心させられることは多く、場合によっては番組本編よりも記憶に残っていることすらあります。

また、「世界の(日本の)おもしろCM」と称してCMを扱っている番組が時々放送されていますが、それも「CMはおもしろい」という考えに共感する人が少なからずいるからではありませんか。

ここでふと疑問に思いました。

たとえ数秒の映像でも必ず制作者はいる。

では、CMというのは誰によってどうやって作られるのか、と。

答えは「CMプランナーによって企画され、CM制作会社がそれに基づいて制作する」になります。

CMプランナーは撮影現場まで出向いて制作まで関与することはありますが、CM制作会社の方は基本的に指示に沿って制作をするだけです。

CM制作会社はどうやってCMを作るのか

「何についてのCMを作るのか」を考えるのはCM制作会社の仕事ではありません。

あくまで、クライアントの存在を前提として、彼らの希望を叶えるために「どうやってCMを作るのか」がテーマです。

そのために、CM制作会社にはディレクターやプロデューサーをはじめ、カメラマンやエディターなど様々な部署が用意されています。

芸能人やスポーツ選手を起用する場合には、彼らの所属する事務所、団体と折衝を行う必要もあります。

CM制作の手順は、他の映像作品と変わりません。

まず、全体の設計図となる絵コンテを制作し、皆でアイデアを出し合います。

その後、場所の確保や出演者の選定など撮影準備を行い、撮影本番を迎えます。

また、撮影に併行してCG制作が行われることもあります。

CM制作会社のクオリティ高いCM

こうしてできた映像素材は、慎重に編集され、最終チェックを経て一本のCMができあがります。

完成したCMはクライアントに納品され、あとはオンエアを待つばかりと成ります。