cm制作会社のお仕事

cm制作会社ってどんなことするのか

CM制作会社は今後どうなっていくのか

CM制作会社は今後どうなっていくのか

日本最古のCMは、某テレビ局開局の日の1953年8月28日に放映された、正午の時報といわれています。

当時は、スタッフも放送機材に不慣れだったため、テープが裏返しに入っており音声が再生されなかったというほほえましいエピソードも残っています。

それから60年以上を経て、CM技術は大いに進歩し、またCMを取り巻く環境も激しい変化に晒されています。

もはや、CMはテレビ番組の間だけではなく、ウェブサイトやスマホのアプリに至るまであらゆる所で目にするようになりました。

ここまでCMが浸透している様子を見ると逆にある一抹の不安に駆られる程です。

今は「CMバブル」ではないか、やがて「バブルがはじける」時がくるのではないか、と。

しかし、少し考えるとそれは杞憂に過ぎないことが分かります。

なぜなら、「何かを宣伝したい」と需要は尽きることがなく、また「しっかりとしたCMを制作する」ために技術・人脈・実績のあるCM制作会社は必ず頼りにされるからです。

CM制作会社は100年後にもしっかりと存在していることでしょう。